みのるのブログ

やさしい俳句レッスン / ゴスペル俳句

  • 虚子選と青畝選の違い

    Alt Text

    三千の俳句を閲し柿二つ  子規

    私の尊敬する虚子先生と青畝先生は正岡子規の流れを汲む師弟関係になるのですが作風は少し違うところもあります。けれども多くの弟子を導き優れた俳人をぞくぞくと育てられたという指導者としての実績には共通点が多いです。その特徴は作者としての御自身の流儀を押し付けるのではなく

    “個性を見出してそれを伸ばす”

    という指導法にあります。

    Read more…
  • 良い俳句を授かるための心構え

    Alt Text

    俳句は作るものではなく授かるもの

    これは青畝先生や紫峡先生から繰り返し教えていただいた確固たる作句理念です。語彙力がないから…表現力やテクニックが難しいから…といって学びを諦めてしまう方もおられますが、

    ちょっと待って!

    と言いたいです。確かにそのような要素も必要ですが良い俳句を授かるためにはそれらよりも大切な心構えがあるからです。

    Read more…
  • 俳人与謝蕪村

    Alt Text

    菜の花や月は東に日は西に  蕪村

    青空文庫で正岡子規著「俳人蕪村」を読みました。少し読みづらいですがとても興味深い内容です。この中で子規は、俳人蕪村を礼賛し「俳諧を論ずるうえで芭蕉が別格的存在であることは認めるが、やや過分ではないだろうか。俳人蕪村は、決して芭蕉に劣るものではなく、むしろ匹敵する。」と言っています。冒頭に書かれている「緒言」を抜粋してみましょう。

    Read more…
  • 感覚として季語をとらえる

    Alt Text

    初学の段階では “ことばとしての季語を覚える” のに懸命ですが吟行で句を詠む習慣が身についてくると “感覚として季語をとらえる” という事が理屈ではなくて実感として理解できるようになります。例えば今は秋だから…と頭で考えて「秋風や」と詠むのではなく吹く風に佇んでふと秋を実感したのなら「風は秋」という表現になるはずです。

    「秋の山、秋の牧」と「山は秋、牧の秋」との微妙な違いがわかるでしょうか。後者の表現には佇んでいる作者の存在が感じられます。知識として覚えた季語を頭で考えて作句している段階ではこのように詠むことはできません。季語の本質を理解しかつ実感としての感興が身についていなければ感動した実景を正しく伝えることはできないからです。

    Read more…
  • 客観写生の意味を知る

    Alt Text

    俳句入門書を読むと「頭で考えて一句をひねるのではなく見て感じたことを言葉で写生する」のだと書かれています。でも、俳句をはじめたばかりの初心者にとっていきなり「客観写生の訓練をしなさい」といわれても掴みどころがありませんよね。そのそも写生とはなにか…について絵画の訓練法の実際と比べながら復習してみましょう。

    Read more…